バックパッカーに必要なかった持ち物リスト【ミニマリスト】

こんにちは、スエヒロです。

 

海外旅行の悩みの一つが、持ち物のこと。
いつもとは違う環境に行く不安から、ついつい荷物が増えがちですよね。

 

しかし、荷物は少ないに越したことはありません

 

荷物が少なければ、

・移動が楽になる
・手荷物だけで飛行機に乗れる
・防犯対策になる

といいことばかりです。

 

多くのバックパッカーの持ち物記事が、「持っていった物」について書かれているので、持っていかなくていい物についてまとめてました。

 

それでは見ていきましょう。

本類

本はかさばるので基本的には持っていきません。

 

ガイドブック

厚くて、重いのでスマホで写真を撮ってデータ化していきましょう。
ガイドブックの情報自体は使えます。
1か国だけならガイドブックを持っていってもいいですが、国が増えるとガイドブックを持ちきれなくなります。

暇な時間に読書しようと思うかもしれませんが、海外旅行に行ってまで読書しません。
海外でしかできないことに時間を使いましょう
それでも本を読みたい方には、かさばらずに数百冊の本を持ち運べるKindleがおすすめです。

衛生用品

「バックパッカーの洗濯といえば手洗い!」みたいな風潮ありますけど、普通にランドリーサービスにお願いしたほうがいいです。

 

東南アジアなら100円、高くても300円くらいで洗濯してもらえます。

 

虫よけにも過剰な準備は必要ありません。

 

洗濯ひも

どこの宿にも洗濯物を干す場所くらいあります。
なくてもベッドのフレームに引っ掛けときます。

蚊帳

携帯用のやつです。
病気になったらイヤだと思って東南アジアに持っていったけど、使ったことないし、誰も使ってません。
本当に病気の危険性のある所には部屋に蚊帳がついてるみたいです。(アフリカとか)

ベープGO

東南アジアの蚊にはまったく効かなかった。
これを手首につけてると外国人に「それはなんだ」とよく聞かれコミュニケーションが生まれたのはよかったです。

日本の蚊に効くのかはわかりません。日本では使ったことないので…

シャンプー

だいたい宿にあります。なかったら次の宿まで我慢しましょう。
「毎日シャンプーするのは頭皮の脂とりすぎてよくない」って、福山雅治が言ってました。

食べ物関係

食器類(コップ、皿、スプーン等)

どこの宿にもあります。
物価の安い国ではないことが多いけど、物価が安いんだから外食すればいいです。
必要になったら現地で買えばいいだけだし。

日本食(緑茶パックなど)

僕の場合、海外で日本食が恋しくなることはありません。

もし恋しくなっても、今時どこの国でも醤油や緑茶パックなんて買えます。

 

だいたい、宿に無料で置いてある緑茶パックとか使ってます。

その他

ビニール袋

余分に持っていってもゴミになるだけです。

 

現地のスーパーで買い物すれば袋くらいもらえます。
ただ、ジップロックは数枚持っていくべき。マジ便利。
おすすめはイージージッパーのLサイズ

 

いい財布

日本で普段使ってるような、ちゃんとした財布は持っていかない方がいいですよ。
普通の財布は大きいからスリの対象にもなりやすいです。
適当なペラペラの布の袋を財布代わりにしましょう。ポケットに入れても違和感ないやつ。
現地のお土産屋で適当なの買うといいです。

帽子

人によるかも。ぼくは全然使いません。
服みたいにぐしゃぐしゃに丸めるわけにもいかず、ザックの上の方に入れてて邪魔でした。

まとめ

この記事で紹介した、バックパッカーに必要ない持ち物をまとめます。

・紙のガイドブック、本
・洗濯ひも
・蚊帳
・ベープGO
・シャンプー
・食器類
・日本食
・ビニール袋
・いい財布
・帽子

持ち物はできるかぎり減らしましょう

 

物が多いと、旅行の楽しみが半減しかねませんよ〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。