【保存版】バックパッカーの海外旅行持ち物リスト!【ミニマリスト】

こんにちは、あっばすです。

海外旅行に行くときの悩みの一つが「持ち物」
普段とはちがう環境に行くのが不安で、ついつい荷物が増えがちですよね。

そこでミニマリストであり、12の国と地域を旅してきたぼくが、バックパッカーの持ち物リストを作りました。

スポンサーリンク

カバン

バックパック

ザックカバー

中東や東南アジアなどほこりっぽい場所では、すぐにザックが汚れてしまうのでザックカバーを付けましょう。

防犯対策にもなります。

・目立ちにくいのがいいなら、黒
・荷物を間違えられたくなければ、明るい色

まあ、結局は好みです笑

サブバック

これの濃緑色の街歩きに使ってます。
軽いし、折りたためるので便利です。

ワイヤーチェーン

荷物から目を離すときは、イスなどにくくりつけます。
宿でベッドの柱に荷物をくくりつけたり。

南京錠

サブザックのリュックのファスナーを閉めたり、宿のロッカーで使ったり。
これは必須です。

貴重品

パスポート、パスポートのコピー

パスポートを紛失した時のためにコピーも持っておきましょう。

航空券のコピー

今はスマホのeチケットで基本大丈夫ですが、紙のコピーが必要な空港もあります。
スムーズなチェックインのために持っておきましょう。

 

クレジットカード

海外のATMでキャッシングをするのが、最もオトクな両替方法です。

ほとんどのカードで海外キャッシングはできます。

VISAとMaster Cardを1枚ずつ持っていきましょう。
なぜなら、ごくまれに片方しか使えないことがあるからです。

海外旅行に必要なカードの条件は、
・傷害保険がついているか
・自動付帯か
この2つです。

ぼくは日本での普段使いのクレジットカードとは別に、海外旅行用のクレジットカードを2枚持っています。

日本円

念のために1万円だけ持っていきます。
大量の現金を持ち歩くのはリスクです。

防犯対策という意味でも、LIFEカードでの海外キャッシングをオススメします。

財布代わりのポーチ

財布はポケットに入れると大きくて邪魔だし、スリの対象になります。

薄くて小さいポーチのような布に少額のお金を入れて、あとはカバンにしまいましょう。

 

衣類・くつ

Tシャツ×4

1枚はパジャマ用にして、1週間くらい洗濯しません。

外着用のTシャツもあまり汗をかかなかった日は、次の日も同じのを着たりしてます。

半ズボン×2

1週間くらい履いてます。パジャマも兼ねる。

中高生の時、そんなに制服洗わなかったでしょ?

パンツ(下着)×3

同じのを2、3日は履けます。
余裕です。

ヒートテック×1

朝晩は冷えるので念のために持っていきましょう。

長ズボン×1

ヒートテックと同じ理由。

また、半ズボンではふさわしくない場所に行くときのために。
イスラム教のモスクでは、半ズボン禁止というところがたまにあります。
(エルサレムの岩のドームなど)

ベルトのいらないズボンがおすすめ。

ユニクロ ウルトラライトダウン

バックパッカーの必需品。
軽い、小さい、温かい

ユニクロ ポケットパーカー

海外は冷房が効きすぎているので、常にサブバックに入れておきましょう。

水着

海とか川で遊ぶ時のため。

サンダル

TEVAのサンダルは、運動靴と変わらない履き心地でまったく疲れません。

汚れたり濡れても、そのまま洗えてすぐ乾くのもグッド!

運動靴

岩場や山など、サンダルでは危ない場所に行くときのために。
正直ほとんど使わないけど、念のため。

ナイキのフリーランは、超軽量でかかともグニャッとたためるのでコンパクトに持ち運びができオススメです。

靴下×1

サンダルでは入れない宗教施設もあるのですが、サンダル+靴下なら入れるという裏技があります。
要は、素足を出してなければいいんですね。

生活用品

マスク

乾燥している場所、空気の悪い場所で使いましょう。
体調管理だいじ。

コンタクト、目薬

旅行日程より少しだけ多めに。

蚊がいなくなるスプレー

室内の虫よけに超強力。
バンコクのドミトリーで使ったらベッドに蚊の死骸が3つ落ちてて、効果の強さに驚きました。

ひかえめに言って神商品。

爪切り、綿棒、眉カット

キレイにしましょう。

日焼け止め

焼けて痛くならないように。
こだわりがなければ、現地で買うのがおすすめです。

男性でも日焼け止めはするべきです。種類によっては痛くならずにキレイに焼けるものもあります。
また、紫外線を浴びると体力消耗するから、野球選手も使ってるんだとか。

トイレットペーパー

発展途上国のトイレには基本的に紙がないです。
芯を抜いてつぶして持っていきましょう。

ウェットティッシュ

食事の前に手をきれいにしましょう。

S字フック

トイレの個室とかで荷物をかけます。
100均ので十分。

くすり

正露丸などの下痢止めや、風邪薬を念のため。

石鹸

体と顔を洗います。
100均の小さいタッパーに入れていきましょう。

保湿力が高くて安い、牛乳石鹸がおすすめ

シャンプー

宿にあることが多いけど一応。
小さい容器のにしましょう。

カミソリ

使い捨てカミソリを捨てずに使うのがおすすめ。
2,3週間で1つ使う感じです。

電動シェーバーは重いからオススメしません。

セームタオル

水泳用のタオルです。風呂上がりに使います。
ひと絞りで乾いて無限に使えるので、これ1枚あれば他のタオルは不要です。

歯ブラシ、歯みがき粉

歯みがき粉は現地でもLIONのとか買えるので、なくてもOK

しかし、海外の歯ブラシはデカいので、日本から持っていくのがベスト。
おすすめは「磨きやすい歯ブラシ」でして、コスパ・品質ともに最強です。

洗剤

部屋干し用の洗剤じゃないと臭います。

200mlくらいの小さいペットボトルに入れるといいです。

必ず粉タイプの洗剤にしてください。
液体タイプだと漏れるし、飛行機に持っていけません。

バケツ(防水バッグ)

防水バッグは、バケツ代わりに洗濯でも使えます。
と同時に、海や川など水辺で遊ぶときにも使えます。

カメラ・スマホ・バッテリー

コンデジ

G9Xは、軽量・高画質で、夜景もきれいに撮れます。

カメラ初心者のぼくでも、こんなにきれいに夜景を撮れました。(画像サイズを圧縮してるので、本当はもっと高画質です)
スマホは日中の撮影にはいいけど、夜景となるとやはり物足りないですよね。

ちなみにこの写真はモスクワで撮りました。

GoPro

水辺での撮影や、大自然を広角で撮りたいときに。

最新機種はhero6ですが、一世代前のhero5なら、性能はほぼ同じなのに安く買えます。

ゴリラポッド

ゴリラポッドを使えば、一人でも自分の記念写真が撮れます。
置いて使うだけでなく、赤い部分が強力な磁石になっているので、電柱などにくっつけて使うこともできます。

さらにカメラを固定することで、夜景もキレイに撮れます。

スマホ

simフリースマホなら、現地で携帯契約できます。

ぼくはコスパ最強のHuaweiのスマホを使っています。

モバイルバッテリー

コスパ最強なのはAnkerのもの! Amazonのベストセラー。

充電器

バッテリー同じくコスパ最強なのはAnker。

スマホとカメラの充電用に、USBポートが2つ付いてるタイプがおすすめです。

コンセント変換プラグ

海外のコンセントの形は日本と違うので、変換プラグが必要です。
<

その他あってよかった物

サングラス

海外は日差しが強いので必須。

国際学生証

ユネスコ承認の公式的な学生証です。

学生は持っていくことをオススメします。
入場料割引が受けられたりします。

エジプトではほぼ全ての遺跡の入場料が半額になりました。

ご自身の大学の生協で作れると思うので調べてみてください。
www.univcoop.or.jp

キューピーコーワゴールドα

疲れがちな旅行時に。エナジードリンクより効きます。

マルチビタミン

野菜が不足しがちな海外旅行。
体調を崩して、せっかくの旅が台無しにならないようにしっかりビタミン補給をしましょう。

ジップロック

書類やお金を入れたりとなにかと便利。

ジッパー付きのLサイズを3枚くらい持っていきましょう。

まとめ

荷物はなるべく少なくしましょう