治験の事前検診に受かるコツ【合格率100%が語る】

こんにちは、スエヒロです。

 

短期間で、楽に、たくさん稼げるバイトといえば「治験」ですね。

 

治験を受けるにあたって、

初めての治験だけど、事前検診に受かるか心配…
治験に申し込んでみたけど、事前検診で落とされた…

という方に向けて、治験の事前検診の受かるコツをお伝えします。

 

ちなみに僕は治験に2回申し込んで、2回とも事前検診で受かって本番に参加できています。つまり事前検診合格率100%です。

事前検診の合格率は試験により、30~50%ほどと言われているので、この記事で紹介する対策が効いているのかなと思っています。

 

それでは、誰にでも簡単にできる「治験の事前検診に受かるコツ」を紹介していきます。

水をたくさん飲む

事前検診の3日前から水をたくさん飲みましょう。

ジュースやお茶ではなく、透明な水。H2O。

 

事前検診では採血と採尿があるのですが、水をたくさん飲むことで、尿は薄くなり、血液はサラサラになります。

尿が薄いということは、検査の数値が全体的に低下するということです。

 

水を飲む目安としては、尿が透明になるくらい

黄色の尿は検査的にはあまりよくないらしいので気をつけましょう。

運動をしない

事前検診の10日前からは走ったり、筋肉痛になるような運動は控えましょう。

重い荷物を持つのもやめといた方がいいです。

 

運動をすることで、血液検査のとある数値が異常になってしまうので、事前検診前の運動はNGです。

 

治験の前は室内でゆっくり本でも読んでおきましょう。

酒・タバコは控える

酒・タバコは控えましょう。

これらが健康に悪いことは明らかです。

 

普段はお酒を飲む方でも、事前検診の10日前からは控えておくべきです。

脂っこい・しょっぱい食べ物はNG

脂っこい・しょっぱい食べ物はNGです。

具体例をあげるとラーメンですね。
ラーメンがお世辞にも健康に良いとは言えないので、事前検診前はやめておきましょう。

ラーメンの他にも、揚げ物やポテトチップスなんかも良くないです。

 

もし治験の本番に参加できれば高額な協力費がもらえて、それでたくさんラーメンを食べられるので、少しの間は我慢しましょう。

まとめ

治験の事前検診で受かりやすくなるコツとして、以下の4つを紹介しました。
水をたくさん飲む
運動をしない
酒・タバコを控える
脂っこい・しょっぱい食事はNG

治験に興味がある方は、登録だけでもしておくのがオススメですよ。

[affi id=3]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。