夜景をキレイに撮るための、最低限のカメラ知識【コンデジ】

こんにちは、スエヒロです。

カメラを買ってみたけど、オート撮影しか使ってない方に向けての記事です

最低限のカメラの知識を抑えることで、夜景をキレイに撮れるようになりますよ。

以下は僕が撮った写真の例です。

ブログに上げるために画質は落としていますが、光が潰れずにキレイに夜景が撮れていませんか?

ちなみに、CanonのG9Xというコンデジで撮りました。

それでは、具体的な「夜景をキレイに撮るために知っておくべきこと」を解説していきます。

フラッシュは使わない

フラッシュは本来自然には存在しない光なので、フラッシュを使うことで不自然な明るさの写真になってしまいます。

「フラッシュを使わないで、暗い場所で写真が撮れるの?」と思うかもしれませんが、その方法はこれから紹介します。

マニュアル設定をする(2つだけ、超簡単)

詳しい設定が分からず、オートモードで夜景を撮影している方も多いのではないでしょうか?

マニュアル設定はやってみれば意外と簡単なので、最低限知っておくべき2つの設定について解説していきます。

ISO感度を下げる

ISO感度とは、「光をどれくらい取り込むか」の指標です。

ISO感度が高いほど光をたくさん取り込み写真が明るくなりますが、光が潰れたり、画質が悪くなったりします。

逆にISO感度が低いほど光はあまり取り込めまず、暗くなりますが、キレイでシャープな写真を撮ることができます。

ISO高→明るい、画質悪い
ISO低→暗い、画質良い

ISO感度は低くして、撮影しましょう。
具体的には、ISO感度100~200でいいです。

ISO感度が低くくても、明るい写真を撮る方法があるので、次はそれを解説していきます。

シャッタースピードを遅くする

ISO感度が低いと暗い写真になりますが、シャッタースピードを遅くすることで、明るい写真を撮ることができます。

ふつうシャッターというのは、0.1秒以下で「パシャッ」と切られるものですが、それを数秒にしてしまいましょう。

シャッタースピードが遅いということは、長時間撮影することになるので、多くの光を取り込み写真が明るくなります。

ISO感度は100~200で固定しておき、納得いく明るさになるようにシャッタースピードを調整していくイメージです。

しかし、長時間撮影することで、写真がブレやすくなってしまうので対策が必要です。

三脚をつかう

シャッタースピードを遅くすることで、写真がブレやすくなってしまいます。
そこで登場するのが、三脚!

三脚というと大きいのを想像するかもしれませんが、小さいのも売られています。

ぼくが愛用している三脚はコチラ!

ゴリラポッドという商品です。変な形ですよね。

こんな感じで脚がグネグネ曲がります。キモい。

ポケットサイズで、重さはわずか86.2 g。
ちなみにiPhone8の重さが148gです。

ゴリラポッドは325gのカメラまで乗せることができます。


クイックシューという部品も付属していて、簡単にゴリラポッドの取り外しができます。

ネジの付いた部品をカメラにずっと付けておいて、ゴリラポッドを使うときだけ、本体に差し込むイメージですね。

しっかりした部品なので、外れて落ちたことは一度もありません。

グネグネ曲がるので、棒状のものなら何にでも取り付けることができます。

一人旅でも気軽に記念写真が撮れますよ。

毎回近くの人に頼むのは面倒だし、ゴリラポッドを使えば、納得いくまで撮り直しもできます。

更にスゴいのが、赤い部分がマグネットになっていること。

脚を巻きつける棒状のものがない場所でも、電柱など鉄でできたものがあれば、くっつけることができます。
この磁石が超強力なので、カメラが落ちる心配も少ないです。

棒や鉄にくっつけられることを紹介してきましたが、地面や机に置いて使うことも当然できます。

まとめ

夜景をキレイに撮る方法をまとめるとこんな感じです。

1. フラッシュは使わない
2. ISO感度を下げて、ノイズを防ぐ(光が潰れない)
3. シャッタースピードを遅くして、暗い場所でも光を取り込む。(明るく撮る)
ISO感度は100~200で固定しておき、納得いく明るさになるようにシャッタースピードを調整していく

4. 三脚をつかって、カメラを固定する(写真をブレさせない)