【2018年版】タイガーキングダムの行き方、料金、写真まとめ【チェンマイ】

コップンカー。コップンカップ。
どうも、あっばすです。

僕がチェンマイに行ったときに、友達におすすめスポットとして教えてもらったのが、

「タイガーキングダム」!

ここはなんと! 鎖を付けてない虎と写真が撮れるスポットなんです。
ってことで、チェンマイにあるタイガーキングダムへの行き方や楽しみ方を紹介します。

スポンサーリンク

タイガーキングダムへの行き方


タイガーキングダムはタイ北部の都市チェンマイにあります。

市内中心部からは10kmほど距離がありますが、タクシーやトゥクトゥクで簡単に行くことができます。

 

市内中心部からタイガーキングダムへの交通費は、往復300バーツが相場のようです。

僕もタクシーで行ったのですが、往復・滞在中のドライバー待機で300バーツでした!

 

また、タイガーキングダムの周りには何もなく、帰りの乗り物が捕まる保証もないため、乗り物を往復でチャーターしていった方がいいです。

 

p.s. 僕は最初ソンテウ(乗り合いバス)で行こうと思って街中で探したんですが、タイガーキングダム方面は本数が少なく、なかなか見つかりませんでした。

タイガーキングダムの情報・料金は?

営業時間
8:00~18:00(チケット販売:8:00~17:30)
※年中無休

注意点・参加条件

・18歳以上、身長160cm以上の方のみ。
※SMALLESTは身長110cm以上ならOK
・車いす、つえを使っている方はトラの檻の中に入れません。
・健康体で他人の補助なしで身軽に動ける。

役立ち情報

・午後はトラが日陰で寝たりリラックスしていて近づきやすい。
・活発なトラが見たければ、朝や夕方の涼しいとき。
・午後6時に閉園するので、午後5時前には遅くとも行く。

料金

タイガーキングダム 料金表

料金はトラの大きさによって異なります。

GIANT(特大):1300バーツ
BIG CAT(大):700バーツ
SMALLEST(小):1200バーツ
LION(ライオン):500バーツ
(2018年2月現在)

写真を撮れるトラの種類は、そのときのトラの状態によって変わるようです。

僕が行った昨年3月には、MEDIUM(中)などもう少し多くのサイズが選べました。
MEDIUMも大きくなったらBIG CATですもんね…

カメラマンに撮ってもらえる(別料金)

別料金ですが、プロカメラマンに撮ってもらうことができます。

カメラマンさんが、トラとの色々なポーズや角度など撮られ方をアドバイスしてくれるので、一人の方にもグループの方にもオススメです!

 

料金は、データの受け取り媒体によって違って、CDとSDカードの2種類があります。
撮影+CD受け取りで300バーツでした。

SDカードはもう少し値段が高かったですが、詳しい値段は覚えてません。

タイガーキングダムの様子・写真

まず、虎に襲われて怪我したり食べられても自己責任です的な書類にサインします。

今のところ、タイガーキングダムで事故が起きたことはないそうですが、リスクは認識してください。

 

僕が触れ合ったのは、一番リーズナブルな「BIG CAT」

これくらいのサイズ。

タイガーキングダムで虎と触れ合う写真1

檻の中ではスタッフが誘導してくれて、トラにやってはいけないことを教えてくれます。
頭を触ったり、顔に近づくと危ないそうです。

 

地面はトラのおしっこで濡れてるので、あんまり寝っ転がったりしない方がいいです。
(終わってから気づいた…)

タイガーキングダムで虎と触れ合う写真2

トラとの触れ合いは15分くらいで終了。

タイガーキングダムのロビー

その後、メインカウンターで34枚の写真が入ったCDをもらって終了です。
お土産屋やレストランもあります。

終わりに

タイガーキングダムの近くには、エレファントキャンプやスネークファームといった、動物と触れ合える施設が他にもあるので、時間があればぜひ!

世界でも珍しい、トラと触れ合える「タイガーキングダム」

チェンマイに行くなら、トラに会いに行きましょう!

 

タイの歴史を知っておくと、旅行をより楽しめます。